1番安くて高品質なローコスト住宅を手がける施工会社をリサーチin愛知県

HOME » ローコストで家を建てるために知っておきたいこと » より安くおさえる設計ポイント

より安くおさえる設計ポイント

建材や設備のランク下げなくても、夢やこだわりを諦めなくても、安く建てる裏ワザがいくつかあります。そんなローコスト住宅をもっと安く建てるポイントをご紹介します。

ローコスト住宅をさらに安く建てる裏ワザ

「間口:奥行=1:1.5」で安くなる?

この比率がローコストになる理由は、いわゆるハウスメーカーの建売住宅などが「間口:奥行=1:1.5」になっていることが多いため。すなわち既製品の建材もこの比率で製材されていることが多く、いい建材でも生産量が多いことから安く仕入れられるといった事情があります。

加えて、施工経験を持っている大工さんも多いので、工数を少なくでき、結果として建築費を値切りやすいというメリットも。室内の間取りは自由でも、「間口:奥行=1:1.5」を目安にプランニングしてみては?

「吹き抜け」で安くなる?

吹き抜けのある住まいに憧れている方も多いのではないでしょうか。吹き抜けはちょっと贅沢な設備のように感じますが、建築費という観点ではローコストになります。その吹き抜けの面積分の建材量などを抑えることができるためです。

ただし、クロス張りなどの内装工事で足場を組まなければ届かない部分があると、工数が増えて建築費が上がります。

加えて、空調費などランニングコストも上がる傾向に。吹き抜けを設けたい方は、玄関部分で2m×3mくらいの空間に抑えておくのがローコストに貢献するでしょう。

「洋室床」のほうが安くなる?

いわゆるフローリングや、クッション床など洋室の床のほうが安くなります。和室を設けたい方はその部分は別として、その他の部屋の床は洋室床で敷き詰めると、ローコストになります。

なぜなら建材が安いこと、加工がしやすく施工時間を短縮できることなどの理由が上げられます。グッドリビングのように、標準仕様で無垢材を使用できるようなローコスト住宅メーカーもありますので、こうした品質のいいものをチョイスできることもハウスメーカー選びのポイントでしょう。

自分たちでやる部分を増やせば、安くなる!

床や壁の塗装、エクステリアなど会社任せにせずに自分でできるところは自分ですることで、建築費を抑えることができます。「自分の家は自分が建てる」というと大げさですが、ちょっとお手伝いする気持ちでやらせてくれるハウスメーカーに依頼するのも、安く建てるポイントでしょう。

ライフスタイルや家を建てる地形によっても、家の間取りは異なってきます。ローコストとはいえ画一化されたプランしかない会社より、施主の希望を汲んでフレキシブルに提案してくれるローコスト住宅の施工会社に依頼するのが、納得の住まいを手に入れることにつながると思います。

 
ローコスト住宅を建てる会社を比較しましたin愛知県