1番安くて高品質なローコスト住宅を手がける施工会社をリサーチin愛知県

HOME » ローコストで家を建てるために知っておきたいこと » ローコスト住宅でも保証はある?

ローコスト住宅でも保証はある?

ローコスト住宅でも保証はあるのでしょうか?ある場合どのような保証なのでしょうか?

ローコスト住宅でも安心できる保証

家は建てたらそれで終わりではなく、その後長く住み続けるものです。もちろん、ローコストで建てた住宅もアフターサービスや保証はしっかりしていますので、心配いりません。

10年間の瑕疵担保責任保険

新築の住宅を提供する業者には、10年間の瑕疵担保責任が法律によって義務付けられています。瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、物件を売買契約した後に瑕疵(欠陥)が見つかった場合に、引き渡した方がその責任を負わなければならないことです。これはローコスト住宅でも変わりませんし、万が一業者が倒産した場合でも保険金でなるべく負担を少なく補修することができます。

地盤保証

住宅の欠陥は瑕疵担保責任で賄われますが、地盤沈下などによる損害はその対象ではありません。そのため、住宅を購入する場合には地盤保証があったほうが安心です。地盤保証は保証会社によって異なりますが、10年または20年の保証期間となります。家を建てる前には地盤調査を行いますが、長い年月を経て地盤の状態が変わっていくこともあります。地盤保証のついていない住宅もありますが、グッドリビングなどのローコスト住宅でも、20年間の地盤保証がついていますので、大掛かりな修繕や損害も保証してくれます。

完全引渡保証

完全引渡保証とは、万が一建築会社などに不測の事態が起こり、工事が継続できなくなった場合に、保証会社が建築を引き継いで住宅の完成と引き渡しを保証してくれるものです。工事がストップすると住宅が完成しないだけでなく、支払った代金も戻ってこない可能性がありますので、無事に住宅が完成するまでは利用したい制度です。しかし、完全引渡保証制度の導入には厳しい経営審査などがあり、この制度を利用できる業者は経営状態に問題がなく信頼できる会社だということです。ローコスト住宅であっても、信頼できる業者を選べばこの保証を受けることができますし、さまざまな面で安心できるでしょう。

長期の瑕疵保証

法律で義務化された瑕疵保証は10年ですが、新築の住居に住み続けるのはもっと長い期間が想定されますし、長い年月の間に思わぬ欠陥が見つかることもあります。そのため、保証期間を延長して最長60年間の保証を受けることができます。この長期保証は、保証会社による地盤調査と、国土交通大臣指定保険法人による施工検査に合格することで適用されるので、保証制度がある業者の住宅は品質が高く信頼できるという証でもあります。ローコスト住宅でも、60年の長期保証があるグッドリビングなど、手厚い保証を受けられるので価格が安いからと言って品質が悪いということはありません。

 
ローコスト住宅を建てる会社を比較しましたin愛知県